1. Top
  2. 社長メッセージ

社長メッセージ

社長の写真

日本人の健康志向は年々高まっており、高年齢層に限らず、日頃の食生活に気を遣う方は若年層においても多くなってきております。

先日の話ですが、ある企業TOPの方との談話中で相談を受けました。
それは、『こんな薬があればいいのに』という内容で、(1)頭が良くなる薬 (2)痩せる薬 (3)ストレスが解消される薬でした。
このような薬は考えてみると世の中にはないでしょう。その時は不思議な感じで聞いておりましたが、後で考え直すと大きな商品開発へのヒントであると思い、お役にたてることは何かを色々と考えました。その結果、当社で薬は作れませんが、乳酸菌を日常摂取する事による免疫力UPや、腸内環境改善によるストレス低減など、はっ酵乳・乳酸菌を食生活に取り入れることでお役にたてることを後日お話ししました。
大変喜ばれ、当社商品のファンになっていただけました。

近年の1世帯当たりの医療費負担が増加し、悪化してからから治療するより、普段からの予防を心がける方が多いと聞いております。
日本ルナは、全従業員が、食(はっ酵乳・乳酸菌)を通して生活者の健康に役立つ企業として、これからも皆様から愛される企業作りを目指します。

ヨーグルト・乳酸菌への想い

社長の写真

1963年から半世紀以上にわたり、乳酸菌・はっ酵乳(ヨーグルト)の研究と開発を行ってまいりました。当社は、乳業メーカーとは違う路線での商品開発を長年行っており、20年以上続くロングセラー商品『バニラヨーグルト』は、今では、北海道から沖縄まで全国のお客様よりご支持をいただいております。

創業時は、乳酸菌飲料を一升ビンに詰めて、リヤカーで売り歩いていたのが始まりです。1960年代は、子供たちも甘くておいしいジュースが飲みたい、親は体にいい物を求めている時代でした。
その後、全国に広まった銭湯で、「サワー」という乳酸菌飲料を発売したのが、市場への初参入でした。

当社は、商品(はっ酵乳・乳酸菌)を通して消費者に健康とおいしさでお役に立てる企業を創業時より目指してまいりました。
今後も日本ルナらしさを、会社・従業員・商品を通してお伝えしてまいります。

若手社員に期待する事

企業は『ヒト』が宝です。当社も人材教育や育成研修などを通して『育てる人材』を発掘し育て『やらせてみる』取り組みをここ数年続けております。

当社は、仕事と作業の違いをさまざまな集まりで話ますが、社会人と学生の評価の違いについても新入社員の入社時に話します。これからは、事業環境は時代とともに変化させなくてはなりません。企業を変化させていくことはかなり力のいる仕事です。若い力で、やりがいのある仕事を『やらせてみる』ことを、今後も続けていきたいと思います。

『経験を通して人を育てること』これからの時代はこう変わると思います。
日本ルナの大切な若手従業員には大きな期待をしております。

代表取締役 伏見浩二