環境への取り組み

環境方針

日本ルナ株式会社は、ヨーグルト・乳酸菌飲料・飲料の製造、販売を通して、お客様に「おいしさ」「健康」「ときめき」をお届けします。 また「おいしさの発見」をコンセプトに、安全・安心な商品づくりを行います。 そしてすべての事業活動において、「無駄の見える化・見つける化」によって改善を図り、 継続的な環境保全に取り組むことで、社会に貢献します。

環境方針として日本ハムグループ環境方針と行動指針に則り、以下を定め※当社の事業活動、製品又はサービスの全てに適用し、環境マネジメントシステムの継続的維持・スピード力のある改善・効率化による全体最適・環境に配慮したものづくりを全員参加型活動で行い、環境保全と環境汚染の予防に努めます。

  • 1. 事業活動全般の環境影響評価を行い、社長は環境方針、目的、目標を定めます。
  • 2. 法規制、条例等、及び当社として受入れを決めたその他の要求事項を遵守し、更に自主的運用基準も加え環境保全活動に取り組みます。
  • 3. 当社の事業活動、製品又はサービスの中で、特に以下の項目について優先的に取り組みます。
    • (1) 地球温暖化防止、省資源化の為、省エネルギーに取り組みます。
    • (2) 廃棄物の管理を充実させ、リサイクル化を推進します。
    • (3) 化学物質などのデータを充実させ、管理の徹底を図ります。
    • (4) グリーン購入の積極的な推進を図ります。
  • 4. 地域社会との協調、融和を図り地域の環境活動への参加を通じて環境保護の活動に協力します。
  • 5. 環境に関する教育、社内活動を実施し、従業員の環境方針の理解と環境に関する意識の向上を図ります。
  • 6. この環境方針はホームページ等で広く一般に公開します。
  • 7. 環境方針、目的、目標は社長が年一回見直しを実施します。
  • ※当社とは、北海道営業所、東北営業所、中部圏営業所、中四国営業所、九州営業所を除く

2016年4月1日
日本ルナ株式会社
代表取締役社長
伏見 浩二

2015年度の結果(2014年度の比較)

「リサイクル率100%」「エコ商品購入率91.3%」水6.9%減 燃料6.4%減 電力2.5%減 廃棄物21.7%減

エコ京都21

この取り組みにより、地球温暖化防止部門でエコ京都21の認定を頂き、さらに、平成24年8月にマイスター(環境三ツ星)としてエコ京都21の認定を京都府知事より受理いたしました。

エコ京都21認定

環境取り組みの歴史

回収槽
今まで捨てていた、製造工程で利用される水を再利用。トイレの流し水や洗浄工程に使用しています。

回収槽

エネルギー管理システム
効率よく電力を使用するため、各設備の電力使用状況を把握することで、無駄な時間に使用されている電力使用の削減を行いました。

エネルギー管理システム

ボイラー
ボイラーの燃料をA重油から都市ガスに変換することで大幅な二酸化酸素を削減。

ボイラー

ビニール袋の再利用
製造で毎日発生する容器を梱包しているビニールの空袋を、自治体を通じて市民の方に無料で配布し、ご家庭のごみ袋としてご活用しています。

ビニール袋の再利用

排水処理設備改善による電力の削減
インバーター付のルーツブロワ排水処理システムを使用していました。
これは、排水量が多くても少なくても使用する電力量は同じで、回転が一定のため空気送付量が同じという設備でした。
Kターボブロワをいう設備に改善することで、必要な分だけ空気を送ることができるため、電力量の削減につながることが可能になりました。

排水処理設備改善による電力の削減

アイスバンクの導入による電力の削減
省エネルギー運転が可能になり、約20%の電気使用量の削減が見込めます。冷媒を自然のものに変えることにより環境負荷軽減にも繋がりました。

アイスバンクの導入による電力の削減

京都本社工場の照明をLED化
従来の照明と比べ消費電力は約40%となり、照度も約2.5倍と明るくなりました。LEDの寿命も長く、約13年交換不要。更に事務所では現行の照明用スイッチ以外に、各部署近くにもスイッチを設置。こまめな消灯ができ、更なる省エネを可能にしています。

京都本社工場LED照明

環境標語

最優秀賞「エコ活動、ひとりひとりの思いやり」
優秀賞「ちょっと待て! 立ち去る前に電気消そう!!」
優秀賞「環境5S「省エネ・節電・節水・節制・節約」」
佳作「毎日の気配り目配り省エネ思い。」
佳作「捨てないで! 元々地球の資源です」
佳作「僕らには地球を守る義務がある」
佳作「ペーパーレス 地球・会社にも優しいエコ活動」