日本ルナの歴史

昭和39年 1964
関西ルナ株式会社設立
姫野陽一が大阪市北区神山町において関西ルナ株式会社を設立。
関西ルナ株式会社
昭和46年 1971
本社および主力工場を東大阪市稲田に移転。
ガラス瓶主流の時代にワンウェーのプラスチック容器のフルーツタイプサワーを発売。大ヒットする。
サワー・エード
昭和48年 1973
チルドデザート商品市場に参入。商品名「ルナプリン」。
ルナプリン
昭和50年 1975
パック豆腐に続き、納豆の製造販売を開始する。
(現在は豆腐・納豆の製造・販売はしておりません)
パック豆腐、納豆
昭和53年 1978
二層式のフルーツオンヨーグルト「フルーペ」を発売。
フルーペ
昭和55年 1980
飲むヨーグルト発売
日本で初めて「のむヨーグルト」と銘打ったドリンクヨーグルトを発売し、大ヒットする。
のむヨーグルト
昭和62年 1987
プリンヨーグルト発売
本格的なデザートヨーグルト「プリンヨーグルト」発売開始。大ヒットする。
プリンヨーグルト
平成元年 1989
前年に発売した「ひめヨーグルト」「ひめプリンヨーグルト」に続き「ひめゼリー」を発売。
ひめゼリー
平成4年 1992
日本ハム株式会社と資本・業務提携。
「抹茶ヨーグルト」を発売。
抹茶ヨーグルト
平成5年 1993
バニラヨーグルト誕生
高い人気を誇る「バニラヨーグルト」が誕生。
バニラヨーグルト
平成8年 1996
ビッギー発売
新しいタイプの乳酸菌飲料「ビッギー」が誕生。
ビッギー
平成9年 1997
京都府八幡市(現所在地)に新工場を竣工。
フランスの料理学校「ル・コルドン・ブルー」のブランドでヨーグルトを発売。
京都府八幡市(現所在地)に新工場
平成10年 1998
姫野陽一が(社)全国はっ酵乳 乳酸菌飲料教会 理事長に就任。(平成14年まで)
「バニラヨーグルト」「プリンヨーグルト」をリニューアル発売。
バニラヨーグルト、プリンヨーグルト
平成12年 2000
高い人気を誇るソフトヨーグルト「ピュレット」が誕生。
ピュレット
平成13年 2001
日本ルナに社名変更
「日本ルナ」に社名を変更する。
京都工場を増築。
TOPCUPを添付した「ル・コルドン・ブルー クランチヨーグルト」を発売し、大ヒットとなる。
ル・コルドン・ブルー クランチヨーグルト
平成14年 2002
群馬県高崎市に関東工場を竣工。
群馬県高崎市 関東工場
平成15年 2003
テレビCM放映
「バニラヨーグルト」「ヤーコンヨーグルト」TVCM放映。
「バニラヨーグルト」が「第33回食品産業技術功労賞」(食品作業新聞社主催)を受賞。
「バニラアーモンドヨーグルトスティックタイプ」を発売。
バニラアーモンドヨーグルトスティックタイプ
平成16年 2004
京都工場が厚生労働省HACCP認証を取得。
チルドカップ飲料で初めて「マンゴーラッシー」を発売。
マンゴーラッシー
平成17年 2005
「バニラヨーグルト」「盛りだくさんヤーコンとヨーグルト」TVCM放映。
盛りだくさんヤーコンとヨーグルト
平成18年 2006
「バニラヨーグルト」TVCM放映。
製品を作る水をすべて「活性水」に変更。
本社・京都工場が環境マネジメントシステム「ISO14001」取得。
「ISO14001」取得
平成19年 2007
「バニラヨーグルト」「プラチナヨーグルト」TVCM放映。
関東工場が「ISO14001」取得。
 
平成20年 2008
ヨーグルトの日制定
「バニラヨーグルトの日(8月24日)」制定。
「京都府八幡市上津屋西久保106番地」に本社所在地を変更。
「バニラヨーグルト15周年・消費者キャンペーン」実施。
記念日登録証
平成21年 2009
「脂肪0%ヨーグルトの日(4月4日)」制定。
記念日登録証
平成24年 2012
関東工場が「HACCP」取得。
首都圏営業所が「ISO14001」取得。
 
平成25年 2013
本社・京都工場が「ISO9001」取得。